ビジネス書

実験10-ビジネス書を使った独学でプログラミングは身につくのか vol.10 HTML&CSS,JavaScript編

プログラミングに関するビジネス書を読む

本日も日比野新さんの書籍”文系でもプログラミング副業で月10万円稼ぐ!”にそって学習を進めていきます。

前回はプルンプルンと動くボタンを作る際に、HTMLだけでやるときはできたのに、stylesheetを使用するとできないという壁にぶつかり、そのまま諦めてとばしてしまった。

プログラミング学習はそれでいい、いつか解決できる、という話を信じて突き進む!(笑)

ビジネス書でプログラミング学習15日目

今回は少しボリュームが小さく、スマホで見やすくするというテーマ。

実際私のプログもそうだが、7割以上がスマホからのアクセスして頂いている。

ネット検索をしていてたまにあるのは、PCで表示される画面がそのままスマホの画面に表示されるホームページだ。

読みたい部分をズームして不自然なスクロールをしながら読み進めていくのは、本当に不便だ。

ユーザーとしても課題感のあるこのテーマは外すわけにはいかない。

今回使用するタグはHTMLコードの”<meta name=”viewport” content=”width=device-width,initial-scale=1″>”とCSSコードの”@media screen and (max-width:600px){}”だ。

そして見出しのサイズをPC用とスマホ用でそれぞれCSSコードで指定する。

あとはデザインについて。レイアウトやシンプルの重要性、カラーコードの調べ方、透過画像の説明、そして何よりここで勉強になったのは、GoogleCromeの画面で右クリックして検証。

これでPC、スマホの両画面における表示チェックができる、この表示方法を知れたことはうれしい。

自分の人生、自分で守る

ABOUT ME
店主 たけはら
店主 たけはら
こんにちは。 上半身を鍛えれば、足の短さをごまかせることを確信した、たけはら書店店主の竹原です。 たけはら書店は、博士とよばれたいボクが、行動するきっかけとなった本(主にビジネス書)、有名人がおすすめする本、今週発売予定の新刊を博士口調で紹介するWEBサイトです。 「たけはら書店」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 メルカリのたけはら書店(https://www.mercari.com/jp/u/855279324/)では、絶版となり稀少な本も出品してますので、ぜひのぞいてみてください!