福岡の起業家・仕事人 vol.9 広告代理店の社長

福岡の社長 佐久間隆弘

広告代理店の社長の生き様を読む

こんにちは。
横断歩道を急いで渡ろうとして、ヒザを伸ばしたまま走っている人を見るたびに、ヒザを曲げた方が速く走れるのに!と、強く思ってしまう竹原です。

今回ご紹介するのは「目指せショートスリーパー。1日の睡眠時間は90分で充分だ!」でおなじみ、九人プラネット株式会社の代表取締役社長 佐久間隆弘さんです。

メガネ屋さんで4年間勤務した後、大手求人メディアの企業へ転職。そして2017年3月に求人をメインとした広告代理店を立ち上げ、現在では幅広く人材サービスを提供する企業となっています。

(ちゃんとした)出会いは僕が福岡に転勤してきた時。
最初の上司が佐久間さんでした。
当時はブラック企業と言われていただけあって、オフィスに泊まり込みで仕事をしていらっしゃったのを覚えています。
人柄はいたって穏やか。

よく聴く音楽は桑田佳祐全般。

人を楽しませるのが好きで、面白い話をする時は「面白い話をしますよ」という感じの顔になるので、こちらも「面白い話を聞きますよ」という感じの顔で話を聞いていました。

それ以外はずっと「龍が如く」の話でした。
とにかくゲームがお好きです。
求人で使用する動画制作にも力を入れていて、個人的には「いつYouTuberになるか」を酔うたびに検討するのだとか。
ゲーム実況とかならすぐにできそうですね。

さて、これまで数十年経験してきた求人広告で独立を果たした佐久間さんですが、社長となった今でも目標をもち、毎日現場でお客様と接する時間を大事にしているそうです。
僕も同様の考えですが「課題は現場にあり」を実践されているのだと思います。
慣れている仕事だから独立したというよりは、常に現場に出たいから自分の会社をつくったのではないかと思うほどです。

佐久間さんには立ち上げから一緒に仕事をしている部下がいます。
その男性は「誰と仕事をするか、を大事にしたい」ということで、これまでハイパフォーマンスで高評価を受けていた職場を、佐久間さんが独立する際に一緒に退職したのです。

お客様からの人気だけではなく、同じ職場のメンバーからも尊敬されていた佐久間さんが、他の人とは違う部分は何なのでしょうか。
人との接し方が丁寧ということで、クレームが入ると佐久間さんに頼る人が多かったり、大きな提案をするときの同行依頼が多かったり、結婚式のスピーチをお願いされることが多かったりと、とにかく佐久間さんにお願いすれば何とかなると思わせてくれる人なんだと思います。

これはビジネス書でよく書かれている、「この人なら信用できそうだ」と思われる人。
つまりリーダーシップ。

この人が目指す未来を一緒に見たい、この人のストーリーを聞いて実現したい、苦労してでも一緒に行動したいと思わせてくれる人。

独立する人の持つ素質として一番大事なものなのかもしれません。

そんな佐久間さんが、今後は人材紹介など求人媒体以外のサービスの準備を進めているそうです。
これからどんなサービスを始めるにしても常に協力者は現れるのだろうと思います。

もし今の職場・上司にそんな信頼を感じることができないのであれば、居場所を考え直す必要があるのかもしれませんね。

佐久間さんオススメの本


人材採用にお困りの方、一緒にビジネスをしたいという方は、ホームページをのぞいてみてくださいね!

九人プラネット株式会社
https://kyupla.co.jp
〒812-0029
福岡市博多区古門戸町2-4 KSコモンドビル4階
092-710-5541

それと、福岡の眠らない街”中洲”を盛り上げるためにスタートしたYouTube企画に出演中!

ABOUT ME
竹原 ラリゴ
竹原 ラリゴ
こんにちは。 上半身を鍛えれば、足の短さをごまかせることを確信した、たけはら書店店主の竹原ラリゴです。 たけはら書店は、ボクが行動するきっかけとなった本(主にビジネス書)、有名人がおすすめする本、今週発売予定の新刊を紹介するWEBサイトです。 「たけはら書店」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 メルカリのたけはら書店(https://www.mercari.com/jp/u/855279324/)では、稀少な本も出品してますので、ぜひのぞいてみてください!