健康

メンタリストDaiGoさんのリサーチ担当、鈴木祐さんの本 “最高の体調″を読んだ感想

こんにちは。
“最高の体調”を読みながら気になったところにフセンを貼っていたら、本の厚みが1.2倍になるくらいフセンを使った竹原です。

メンタリストDaiGoさんのリサーチ担当、鈴木祐さんの本 “最高の体調″を読んだ感想

“最高の体調”:この本を選んだ理由

ボクには喘息とリウマチ、アレルギー性鼻炎という持病がある。
見た目は「どんなスポーツをやっているんですか?」とよく聞かれるくらい、色黒で健康そうだ。
喘息は子供の頃に夜眠れないくらいの発作が度々出ていたが、高校生になるくらいには発作が出ることはほとんどなくなっていった。
それが2年前のゴールデンウィークにバーベキューと花火をした日の夜に発作が出て、救急病院に行くことになった。
それ以来月一回の診療を受けている。
リウマチはというと、リウマチを持っている親族がいるわけでもないが、数年前から膝が痛くて歩けないとか、指が痛くて物を持てないとか、手首が痛くて運転ができないというようなことはたまにあった。
しかし夜も眠れないほどの痛みとなり病院に行ってみた。
怪奇性リウマチというらしい。
常に症状があるわけではなく、場所を変えてたまに症状が出る。
そしてアレルギー性鼻炎。
これは埃も花粉も刺激になる物はなんでも原因となり、1年中くしゃみをしている。
鼻水が出るので鼻をかんで、かみすぎると鼻の周りがヒリヒリするのにはもう慣れた。
ただ厄介なのが、くしゃみをし続けると喘息も出てくる可能性があるということだ。
なので、くしゃみはできるだけ早めに薬を飲んで抑えるようにしていた。

こんな生活ではあるが、人生が楽しくないと思ったことはないし、親を恨んだこともない。
逆にボクは自分は運が良いとさえ思っている。
持ち前の楽観主義が良い方にはたらいているようだ。
でも、できれば体質は変えたいと考えていたボクは、この本のタイトルに目を奪われた。
今の人生は楽しいと思っているが、”最高の体調”が手に入ればもっと楽しくなるのではないのか。

“最高の体調”:この本で気づいたこと

正直この本で得た気づきの数が多すぎて少しずつしか実践できない。
そのうちの一つを紹介する。

ボクは毎日朝から筋トレを1時間行っている。
運動をすることは脳を鍛えることにもなるということで、これからさらにマインドフルネスの勉強をして瞑想も習慣にするつもりだ。

筋トレを本格的に始めたきっかけは、YouTubeでメトロンブログというチャンネルを見つけてから”ハマった”という感じだ。
体がかっこいいというのもあるが、強く健康的だというところがボクにとっては魅力だった。

そうなるとやはりメトロンブログで紹介されたプロテインを飲みたくなり、ゴールドスタンダードのダブルリッチチョコレート味を購入した。
そしてさらに、効果はよくわからないがエクステンドのBCAAマンゴー味を購入。
どちらにも共通することは、美味しいということだ。

それに加えて、この本で学んだ腸の重要性。

普段の食事だけで十分に摂取することができない栄養はたくさんある。
タンパク質やビタミン、ミネラル、乳酸菌などだ。
タンパク質はホエイプロテインで賄うとして、ビタミン、ミネラル、乳酸菌はどうしようかと考えてみた。
乳酸菌はR-1を毎朝のように飲んでいたので大丈夫かと思ったが、腸内の細菌の種類が多いほど健康に近づくという。
ネットで検索するとちょうど良いのが見つかった。
ディアナチュラのマルチビタミン&ミネラルだ。
なんと10種の乳酸菌と18種のアミノ酸も含まれている。
素人のボクから見ると仙豆だ。
(#仙豆とはドラゴンボールに出てくる怪我や疲れがふっ飛ぶ緑色の豆のことである)

このサプリが届いて以来、朝起きるのが楽しみになり、筋トレへの意欲も増し、より快便になった。
初めてのサプリなので、気持ちの問題かもしれないが、心身ともに健康になったような気がする。
持ち前の楽観的な感想か、サプリの効果か。
どちらでも良いがリウマチの症状まであまり出なくなっている。
必要な栄養をとり、自然に触れ、運動することと休息すること。
これが最高の体調、最高の毎日を手に入れる近道であることは間違いない。

“最高の体調”:行動すること

自然の中に週に1回30分いるだけで空気中の微生物が体内に入り、腸内細菌として体調を整えてくれるらしい。
呼吸で体内に細菌が入ってくるということに、若干の抵抗というか未知との遭遇のようなものを感じるが、実際に腸にはたくさんの細菌がいるのだ。
腸からすれば「今さら何を」という感じだろう。
山や草原、川沿いや海沿いの小道を散歩するだけでも良いのだろう。
都会に住んでいるわけではないのでいつでも実行可能だ。
ただ寿命を延ばすのではなく、健康寿命を延ばすことは幸せであると思う。
これからも健康を第一に考えて生きていこう。

自分の人生、自分で守る。

ABOUT ME
竹原 ラリゴ
竹原 ラリゴ
こんにちは。 上半身を鍛えれば、足の短さをごまかせることを確信した、たけはら書店店主の竹原ラリゴです。 たけはら書店は、ボクが行動するきっかけとなった本(主にビジネス書)、有名人がおすすめする本、今週発売予定の新刊を紹介するWEBサイトです。 「たけはら書店」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 メルカリのたけはら書店(https://www.mercari.com/jp/u/855279324/)では、稀少な本も出品してますので、ぜひのぞいてみてください!
関連記事